一粒ダイヤモンドネックレスの希少性と値段の関係

ダイヤモンドを語るには外せない「デアビス社」の存在

世界一有名なダイヤモンド会社といえばDe Beers社です。
De Beers社では希少性が高いダイヤモンドを数多く取り扱っています。
一粒の値段が非常に高いことに驚く人も多いです。
世界のダイヤモンド流通市場の7割から8割を押さえているため、ダイヤモンド業界の帝王とも呼ばれています。
日本とも昔から非常に縁が深く、多額の資金が投入されDe Beersの名が全国に知られることになります。ダイヤモンドは永遠の輝きというCMは有名で、多くの日本人の記憶に残っています。
De Beers社のダイヤモンドネックレスは、多くの日本女性の憧れです。

市場はある程度コントロールされている

De Beers社により市場がある程度コントロールされていることは多くの人が知っています。
優れたマーケティングとキャンペーンにより、ダイヤモンドは永遠の愛の象徴であるというイメージが定着しています。
De Beers社はイギリスの王室にも美しいダイヤモンドを献上し話題になったことがあります。
日本では銀座本店をはじめ全国に店舗があり、多くの女性を魅了しています。
世界中で愛されるダイヤモンドは、その多くがDe Beers社によって上手に支配されています。
ダイヤモンドがこれだけ価値のある宝石になったのは、De Beers社が世界中で行った広告活動の成果でもあります。

一粒ダイヤモンドネックレスは今でも高価!輝きが人々を魅了してきた歴史

紀元前から価値は認められていた

人類の歴史の中でダイヤモンドの美しさを最初に知ったのはインド人なのだそうです。
山のなかから街へと流れ込んでくる河川にダイヤモンドを発見し、その輝きに魅せられたインド人たちがダイヤモンドを家宝として大切に扱ったり、また時にはその価値を認めて市場での売買を行ったのは、なんと紀元前4世紀のことだと伝えられています。
つまり、長い長い人類の歴史の中にあって、常にダイヤモンドは価値のある石だとして人々の注目を集めてきました。
そして、今も昔のダイヤモンドの輝きは変わらず、その一粒一粒が人々の心を動かし続けるのです。

15世紀に研磨方法が考案されてから次第に価値が上昇

ダイヤモンドが現代のようなアクセサリーとしての加工を施されるようになったのは、15世紀のヨーロッパが始まりです。
ダイヤモンドを研磨することによって輝きが増すことに注目した職人たちが、これまで以上にダイヤモンドに価値を見出しました。
そして、石として所有するだけではなく、ダイヤモンドネックレスなどのアクセサリーを身につける習慣がうまれるようになると、富裕層の女性たちが競い合うように美しいダイヤモンドを手に入れるようになりました。
ダイヤモンドの価値は、研磨方法の考案によってさらに上昇することになったのです。

「硬度」も一粒ダイヤモンドネックレスの魅力の1つ

ダイヤモンドは飛び抜けて硬度が高い宝石

ダイヤモンドネックレスは飛び抜けて「硬度」が高い所も魅力の一つです。
一粒でも「硬度」が高い為、綺麗に見えますし、大きさによっても更に見た目が変わってきます。
見た目の綺麗さ以外に注目されているのが、「硬度」が高い事による魅力になるので、ダイヤモンドネックレスは人気が高い商品とも言えるのです。
ダイヤモンドネックレスは「硬度」の高さから、簡単に壊れることもありませんし、首元を綺麗に演出してくれますし、「硬度」の高さから傷が簡単につきにくいため、とても人気が高くダイヤモンドネックレスを欲しいと考えている方も沢山居られます。

傷やホコリに強いから永く輝いてくれる!

ダイヤモンドネックレスは傷やホコリに強いので、保存状態に関わらず長い間輝いてくれるので、一粒でも魅力的に見えます。
ダイヤモンド以外のジュエリーの場合にはダイヤモンドに比べると傷やホコリに弱いので、恒久的に利用する事は難しいですが、ダイヤモンドならその硬さから長い間利用する事が出来るので、いつまでもオシャレなアクセサリーとして活用する事が可能です。
多くのアクセサリーをつける必要もなく、一粒だけでもインパクトを与える事ができるのもダイヤモンドの魅力の中の一つなっており、そのため、人気の高い商品とも言えるのです。