カッコいい音楽レーベルの看板を発見

Home | 音楽情報 | カッコいい音楽レーベルの看板を発見

東京、青山のキラー通りには小洒落たカフェやオフィスが立ち並んでいます。
私はそこを散歩するのが好きなのですが、
あるときビルとビルの間、狭い道の向こうに心惹かれる看板を見つけました。
高さは私の身長と同じ程度でしたから、
およそ180cm弱といったところでしょう。
少し大きいなと感じたのを覚えています。
その看板に文字はなく、あぐらをかいた少女の本を読んでいる姿が、
西洋画のようなタッチで描かれていました。
その少女の服装や部屋の様は、紛れもなくお嬢さまのそれなのに、
背中を丸め床にぺたんと座っている姿に私はカッコ良さを感じたのです。
ガラス張りの建物の中には、クラシックのCDが整然と飾られていました。
そこに至って私はようやく、
ここがクラシック専門の音楽レーベルのオフィスであると気づいたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です