一粒ダイヤモンドネックレスの希少性と値段の関係

ダイヤモンドを語るには外せない「デアビス社」の存在

世界一有名なダイヤモンド会社といえばDe Beers社です。
De Beers社では希少性が高いダイヤモンドを数多く取り扱っています。
一粒の値段が非常に高いことに驚く人も多いです。
世界のダイヤモンド流通市場の7割から8割を押さえているため、ダイヤモンド業界の帝王とも呼ばれています。
日本とも昔から非常に縁が深く、多額の資金が投入されDe Beersの名が全国に知られることになります。ダイヤモンドは永遠の輝きというCMは有名で、多くの日本人の記憶に残っています。
De Beers社のダイヤモンドネックレスは、多くの日本女性の憧れです。

市場はある程度コントロールされている

De Beers社により市場がある程度コントロールされていることは多くの人が知っています。
優れたマーケティングとキャンペーンにより、ダイヤモンドは永遠の愛の象徴であるというイメージが定着しています。
De Beers社はイギリスの王室にも美しいダイヤモンドを献上し話題になったことがあります。
日本では銀座本店をはじめ全国に店舗があり、多くの女性を魅了しています。
世界中で愛されるダイヤモンドは、その多くがDe Beers社によって上手に支配されています。
ダイヤモンドがこれだけ価値のある宝石になったのは、De Beers社が世界中で行った広告活動の成果でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です